本を読みながらやパソコンをしながらエアロバイクでエクササイズをしたい!!そういった方にはデスク付きのエアロバイクをお勧めします。

 

デスク無しの背もたれアリのタイプでも読書程度なら可能なのですが、やはり長時間漕いでいると本を持っている腕も疲れてきます。

 

ですから、読書やパソコンをしながらフィットネスしたい方には、デスク付きのエアロバイクが適しています。

第1位:TKS51HM001

TKS51HM001の特徴3選

  • 「ながらトレーニング」の究極!ネットサーフィンしながらでもエクササイズできる!
  • ABS樹脂モニターがあなたのエクササイズをしっかりと映し出す!
  • 折り畳み可能!小さな隙間に入れれば使わない時邪魔にならない!

TKS51HM00はありそうでなかった「ながらトレーニング+折り畳み」が出来るフィットネスバイクです。

 

ハンドル部にあるデスクトップはパソコン、本、タブレット端末などを置けるようになっており、エクササイズしながら他のことをすることができます。

 

サイクルメーターも付属されているので、簡単にエクササイズの状況を知ることも可能です。

 

  • メーカー:Body Sculpture(ボディスカルプチャー)
  • 本体重量:20.5kg
  • 推奨身長目安:150cm~180cm
  • ペダル負荷段階:8段階
  • 負荷方式:マグネット
  • 本体電源:単4電池2本
  • 連続使用時間:30分
  • 折り畳み:可
  • 背もたれ:あり
  • サイクルメーター表示項目:時間・速度・距離・カロリー・累計距離・心拍数

特徴を一言で言うなら・・・

超ユニーク!流行りのながらトレーニングでトレーニング効果倍増!

>>TKS51HM001の特徴と口コミを詳しく見る

第2位:FlexiSpot V9

FlexiSpot V9の特徴3選

  • 超ゆったりデスクトップで仕事ができる!
  • どこでも出来る仕事&エクササイズ!
  • 静音性はお墨付き。

仕事に勉強に最適のバイク!見た目からユニークなこのバイクはゆったりと漕ぎながらあなたの仕事の環境を整えてくれます。

 

1番目立っている大きなデスクトップはパソコンを置けるのはもちろんのこと、何か記入などをするのにも揺れることがなく、しっかりとしたテーブルが非常に便利です。

 

またキャスターもついているので移動楽々。仕事の場所、そしてエクササイズの場所を問いません!

 

  • メーカー:FlEXISpot
  • 本体重量:15kg
  • 推奨身長目安:150cm~190cm
  • ペダル負荷段階:8段階
  • 負荷方式:マグネット
  • 本体電源:単3電池2本
  • 連続使用時間:30分
  • 折り畳み:可
  • 背もたれ:なし
  • サイクルメーター表示項目:付属なし

 

特徴を一言で言うなら・・・

仕事しながらダイエット!両立が難しい2つの両立を可能にしたバイク!

>>FlexiSpot V9の特徴と口コミを詳しく見る

第3位:IMC-61

IRONMAN CLUBデスク付きホールディングバイクの特徴3選

  • 大きな背もたれ快適なながらトレーニング!
  • 調節可能なデスクの高さとサドルの高さ!とことんやりやすい環境へ!
  • 心拍数が図れるメーターで脂肪燃焼を促進!

大きなデスクの上にはパソコンやタブレット端末を置けるようなっています。

 

仕事しながらバイクを利用することも可能ですし、タブレットで映画を見ることも可能なので、長続きしやすい!さらに、大きな背もたれが付いているから快適にペダリングがデキる!

 

そしてメーター機能が搭載されており、自分の心拍数を図ることもできます!心拍数を管理して脂肪燃焼もアップ!

 

  • メーカー:IRONMAN CLUB
  • 本体重量:22.3kg
  • 推奨身長目安:150cm~180cm
  • ペダル負荷段階:8段階
  • 負荷方式:マグネット
  • 本体電源:単4電池2本
  • 連続使用時間:30分
  • 折り畳み:可
  • 背もたれ:あり
  • サイクルメーター表示項目:速度・距離・時間・カロリー・心拍数

特徴を一言で言うなら・・・

仕事とエクササイズの同時進行!そして両立!忙しくても両立出来る!

>>IMC-61の特徴と口コミを詳しく見る

目的別にエアロバイクを選びたい方へ

エアロバイクの項目別オススメ商品を紹介しています。

→ 初心者にオススメ

→ 心拍数計測付き

→ 電磁負荷式

→ 静音性で選ぶ

→ 低身長でも乗れる

→ Amazonレビューで高評価

→ 【2019】本当にお勧めできるのはコレ

→ 折りたたみ可能

→ 特にダイエット向き

→ デスク付き

→ ペダルの負荷段階を細かく調整できる

→ 特にハードトレーニング向き

→ 体幹強化に適したバイク

→ 連続使用時間が長い

→ より自然なペダリング:電磁負荷方式

→ 一覧表でスペックを比較!